CEO MESSAGECEOからのメッセージ

株式会社TRIPLETS

代表取締役兼CEO

福島 智雄

CONCEPT

私たちが目指しているのは、街に笑顔を増やすこと。
すべての世代のライフスタイルに彩りを添えていく、
人が集まり幸せになれる瞬間・場所が増えていく。
時を経て、街の文化として受け継がれるように。

日本人の美徳、おもてなしの表現

相手の心の動きを想像し、どうしたら喜んで頂けるかを考える温かい心。
美しさ・美味しさ・高揚感を届けられるように
料理人・サービスパーソン・クリエーター
プロジェクトに携わる全員が思考をめぐらし、自らの個性とこだわりを発信すること。
お客様の喜びのために表現力を高め、お客様の期待感を超えること。
基礎と礼節を基軸におもてなしの真価を追求する姿、
それが「TRIPLETらしさ」です。

デザインという遊び心

洗練されたデザイン、ユーザビリティーも備わった新たな美しさを探求する。
声なき要望を実現してくれる機能性、音や香り、素材との調和。
力強く、刺激的で、ときに官能的。日常にも溶け込んでいく。
研ぎ澄まされたデザインは環境と共生し、さらに価値を高めていきます。

食は日本の文化そのもの

お客様の満足度を牽引し、レジャービジネスのソフトウェアの中核となる食。
季節感、地域との結びつき、演出や新奇性、
訴求力ある素材、表現力ある盛り付け、付加価値を生むプレゼンテーション。
細部にこだわり、かつ大胆な表現に挑戦。
伝統の深みも見つめ、確かな技術を土台として
味覚にとどまらない食の新たな可能性を追求します。

次代の瞳に光を。情操教育と社会貢献

未来を生きる子供たちに学びや成長の場を提供すること。
生命の尊さや力強さ、環境の大切さ、
生産者への尊敬、地域の伝統や文化への尊重、
創作の喜び、自然や生物に触れあうときのルールや自己責任への啓蒙。
未来を担う子供たちの気づきの場、学びの場、成長の場となる
空間を私たちは提供します。

個の表現とオリジナリティーの尊重

次代を担う若者たちの感性。
その溢れ出すエネルギーが新たな業態開発となる。
その時代の“とがった個性”でしか生み出せない表現、
女性たちの凛とした美しい個性の輝き、
自分を信じ、チャレンジできるように。
爽やかにポジティブに成長できるように。
私たちは新しい価値を提唱し、成長フィールドを創出し、
レジャービジネスを前進させていきます。

VISION

私たちが目指しているのは、新たな価値を育て、
その過程を楽しみ、共に消費できる場所を生み出すこと。
飲食、宿泊、公共関連事業、エンターテインメントなど
業態の垣根を越えて地域の文化形成に携わります。

情報インフラの変化やデジタルガジェットの進化に応じて、ライフスタイルが大きな変化を遂げようとしています。
人々はより個性的な自分を見つけるため、新たな場所“サードプレイス”を探し始め、様々なコミュティーへの参加や企業とつながりが経済活動の推進力となっています。
私たちが目指しているのは、新たな価値を育て、その過程を楽しみ、共に消費できる場所を生み出すことです。
一つの業態やかたちに縛られることなく、レストラン、ホテル、旅館、アウトドア、公共関連事業、エンターテインメントと、業態の垣根を越えて地域の文化形成に携わります。

レストラン事業では、標準化した業態、オリジナリティー特化業態を両輪に置き、事業の拡大を図ります。
経営資源を集積地域に集約するドミナント戦略で効果的な事業展開を行います。
宿泊事業では、ハードとソフトで地域の特徴を効果的に表現し、地場食材の流通経路をかたちにし、地場ブラントの代名詞となる“おもてなしの表現”に溢れた宿泊事業を行います。
地域ブランド向上や地域創生につながる遊休資産活用にも積極的に参画します。特にアウトドア事業では、付加価値の高い体験の提供だけでなく、子供たちが成長し家族の絆が深まる場所となるようなプロデュースワークを行います。
活動範囲は国内に限定せず、柔軟に海外へのネットワークにも参画しながら、新たな出会い、繋がりを構築していきます。
まったく新たなフィールドでも、”TRIPLETSらしさ”を誠実に表現し、笑顔や喜びが生まれる場所が提供できるように、成熟したチームづくりを目指します。

VISIONには常に、原理原則を学び、スタンダードの体現を目指すことが伴います。
どんなに自由が許される環境であっても、高いビジネスモラルと信頼がなければ、私たちの取り組みは成功しません。
あるべき姿、ビジネスパーソンとしての基本姿勢と礼節を常に意識する。
コンプライアンスの高い理解、常に起こり得る課題を成長の萌芽として改革改善を実行する。
向上心を持って基礎に研鑽をかける。
その心を持ち続け、私たちの想いをビジネスとして展開していきます。

CEO
MESSAGE

人が集い、互いに感化し合いながら
新たな価値を発見し成長できること。
価値観を塗り替えるような高い感性を活かせる環境が
私たちTRIPLETSが理想に掲げるプラットフォームです。

新たな時代、一歩を踏み出す勇気

グローバリゼーションの普及によって、日本の経済の根幹を支え続けた製造業、リーディングカンパニーとして時代を築いた大企業さえ、かつての存在感を失いました。
その一方で新しい潮流、”ユニコーン”と呼ばれる、起業から短期間で爆発的に企業価値を高めたベンチャー企業が続々と誕生しており、時代の大きな転換期を迎えています。
消費の世界でも大きな変革が起きています。
空間、時間、場所、情報、伝統と革新……。
様々な属性においてボーダレス化が加速的に進んでおり、企業が想定する用途や価値を超えて新たな付加価値を能動的に生み出そうとする消費者“アクティブ・コンシューマー”が出現しています。
SNSという、世界とつながるツールは、大衆を大量情報発信源に変貌させました。
商品とお金の交換価値だけでなく、顧客が感じる使用価値や経験価値までを意識した、企業と消費者の価値共創のサービス・ドミナント・ロジックは、マーケティング戦略にも大きな影響を与えています。
様々な次元の境界線上で創造されてく価値、またその価値が生まれるプロセスも注意深く観察しながら、補完し高めていくアイディアが必要とされています。
情報端末の進化とその反動で、伝統や自然といった地域固有の特性の希少価値が増してきたと感じます。

つながりの時代、個の表現の時代、価値共創の時代。顧客価値を生み出してビジネスとして成立させるためには、今までと違うフレームワーク、取り組みが不可欠です。
私たちは、チームとしての個性、TRIPLETSらしさを発揮し、この時代にしっかりと自分たちの役割、場所を見出していくことが必要です。
空間価値、体験価値、食への気づきや刺激、社会貢献性、自己実現へのアシスト、様々なソフトにも精通し、一過性の満足や体験だけでなく、顧客の感性とシンクロさせ、アイデンティーやライフスタイルの一部となるような空間、商品、体験を提供します。
スタートラインに立たなければ見えない景色もあります。
一歩を踏み出す冒険心を持ち、未知の領域にもアクティブにチャレンジするマインドやスピリットを大切にしていきます。

食とエンターテイメント、新たな表現と可能性

ゲーム、漫画、アニメ等、日本発のコンテンツは、様々な次元で膨らみ、幅を広げ、大きなビジネスとして成長を遂げています。それらと比べ、日本食はその潜在的な可能性が十分に引き出されていないと感じています。
世界に目を向けると、食はヨーロッパを中心にイノベイティブに進化しています。
一般的に伝統と格式を重んじるイメージがありますが、斬新な取り組みが活発に行われています。
日本でも話題にあがるようになった分子ガストロノミーなど大胆な表現によって、エンターテインメントにまで昇華させる動きもあります。
日本人はもともと、素材や調理法の魅力を発見し、独自に進化させたり、融合したりして、新たな価値を作り出すことが得意だったはずです。
ヨーロッパのように、伝統の外側にも新たな価値を見出し、付加していく取り組みも必要ですし、踏み込んだ進歩は始まっています。

「外食ベンチャー」という言葉が時代を飾り、食の業態開発が盛んに行われる時期がありました。
多くの若者たちが成功を夢見て様々な業態にチャレンジしてきました。
成長路線に乗って現在に至るまで存続し、企業ブランドとして確立させたチームもあります。
とりまく環境は当時と違いますが、この時代の変革期に日本の食に新たな価値を問いかけるべく、感性を刺激し驚きや高揚感を感じるような体験と食を融合させる。
エンターテインメントとしての要素を積極的に付加し、新たな食のかたちを表現していきたいと思います。
少しの進歩であっても大きな価値を生みだすことに繋がるはずです

成長できる場所、個性が弾け出すプラットフォーム

時代に新陳代謝を促し、価値観を塗り替えてきたのは若者たちの高い感性です。
チャレンジ精神を持ち続け、その感性を表現できること。
新しい価値を発見し、かたちにしていくエネルギーが良い方向で発揮され、爽やかでポジティブな考えを持てる環境。私たちTRIPLETSが理想に掲げるプラットフォームです。
プロジェクトを通じてクライアントやクリエイターたちと接することで、私たちにも多くを吸収できるチャンスがあります。
自分にはない能力や感性との出会い、新たな学びの獲得、シナジーが生まれる瞬間、様々な個性がシンクロし、大きな成果に繋がっていきます。

人が集い、互いに感化しながら、新たな価値を発見し成長できる。
スタッフ、クライントやパートナーと価値創造のプロセス、喜びを共有する。
TRIPLETSらしさの表現、その価値がやがて街の文化や景色になるように。